English Home Korean Music What's new? blog PEACE Board Actions 2015 ~ 19 English Education Declaration of Human Rights Peace Citizen Voices
Japanese Home Green House Coalition Essays Gifu Boston Creative Board Sadako Peace Garden

An initiative of the charter for our environment, caught attention especially after the Earth Summit in Rio de Janeiro in 1992, Beta-1 draft 1997 same as Kyoto Protocol, and draft 2 being open along with the age of the Internet, the final was confirmed at Hague, the Netherlands in June, 2000, and then endorsed and has been progressed by lots of institutions and people. We are making an effort in delivering the Charter document in each mother tongue, and active to suit the eco-education.

 日本語版    The Earth Charter      Endorse the Earth Charter
Charter English.pdf     Read/download the Earth Charter in your mother tongue

PREAMBLE

We stand at a critical moment in Earth's history, a time when humanity must choose its future. As the world becomes increasingly interdependent and fragile, the future at once holds great peril and great promise. To move forward we must recognize that in the midst of a magnificent diversity of cultures and life forms we are one human family and one Earth community with a common destiny. We must join together to bring forth a sustainable global society founded on respect for nature, universal human rights, economic justice, and a culture of peace. Towards this end, it is imperative that we, the peoples of Earth, declare our responsibility to one another, to the greater community of life, and to future generations.

    Earth, Our Home

Humanity is part of a vast evolving universe. Earth, our home, is alive with a unique community of life. The forces of nature make existence a demanding and uncertain adventure, but Earth has provided the conditions essential to life's evolution. The resilience of the community of life and the well-being of humanity depend upon preserving a healthy biosphere with all its ecological systems, a rich variety of plants and animals, fertile soils, pure waters, and clean air. The global environment with its finite resources is a common concern of all peoples. The protection of Earth's vitality, diversity, and beauty is a sacred trust.

    The Global Situation

The dominant patterns of production and consumption are causing environmental devastation, the depletion of resources, and a massive extinction of species. Communities are being undermined. The benefits of development are not shared equitably and the gap between rich and poor is widening. Injustice, poverty, ignorance, and violent conflict are widespread and the cause of great suffering. An unprecedented rise in human population has overburdened  ecological and social systems. The foundations of global security are threatened. These trends are perilous—but not inevitable.

    The Challenges Ahead

The choice is ours: form a global partnership to care for Earth and one another or risk the destruction of ourselves and the diversity of life. Fundamental changes are needed in our values, institutions, and ways of living. We must realize that when basic needs have been met, human development is primarily about being more, not having more. We have the knowledge and technology to provide for all and to reduce our impacts on the environment. The emergence of a global civil society is creating new opportunities to build a democratic and humane world. Our environmental, economic, political, social, and spiritual challenges are interconnected, and together we can forge inclusive solutions.

    Universal Responsibility

To realize these aspirations, we must decide to live with a sense of universal responsibility, identifying ourselves with the whole Earth community as well as our local communities. We are at once citizens of different nations and of one world in which the local and global are linked. Everyone shares responsibility for the present and future well-being of the human family and the larger living world. The spirit of human solidarity and kinship with all life is strengthened when we live with reverence for the mystery of being, gratitude for the gift of life, and humility regarding the human place in nature.
We urgently need a shared vision of basic values to provide an ethical foundation for the emerging world community. Therefore, together in hope we affirm the following interdependent principles for a sustainable way of life as a common standard by which the conduct of all individuals, organizations, businesses, governments, and transnational institutions is to be guided and assessed.


PRINCIPLES

I. RESPECT AND CARE FOR THE COMMUNITY OF LIFE

1. Respect Earth and life in all its diversity.
a. Recognize that all beings are interdependent and every form of life has value regardless of its worth to human beings.
b. Affirm faith in the inherent dignity of all human beings and in the intellectual, artistic, ethical, and spiritual potential of humanity.
2. Care for the community of life with understanding, compassion, and love.
a. Accept that with the right to own, manage, and use natural resources comes the duty to prevent environmental harm and to protect the rights of people.
b. Affirm that with increased freedom, knowledge, and power comes increased responsibility to promote the common good.
3. Build democratic societies that are just, participatory, sustainable, and peaceful.
a. Ensure that communities at all levels guarantee human rights and fundamental freedoms and provide everyone an opportunity to realize his or her full potential.
b. Promote social and economic justice, enabling all to achieve a secure and meaningful livelihood that is ecologically responsible.
4. Secure Earth's bounty and beauty for present and future generations.
a. Recognize that the freedom of action of each generation is qualified by the needs of future generations.
b. Transmit to future generations values, traditions, and institutions that support the long-term flourishing of Earth's human and ecological communities. In order to fulfill these four broad commitments, it is necessary to:

II. ECOLOGICAL INTEGRITY

5. Protect and restore the integrity of Earth's ecological systems, with special concern for biological diversity and the natural processes that sustain life.
a. Adopt at all levels sustainable development plans and regulations that make environmental conservation and rehabilitation integral to all development initiatives.
b. Establish and safeguard viable nature and biosphere reserves, including wild lands and marine areas, to protect Earth's life support systems, maintain biodiversity, and preserve our natural heritage.
c. Promote the recovery of endangered species and ecosystems.
d. Control and eradicate non-native or genetically modified organisms harmful to native species and the environment, and prevent introduction of such harmful organisms.
e. Manage the use of renewable resources such as water, soil, forest products, and marine life in ways that do not exceed rates of regeneration and that protect the health of ecosystems.
f. Manage the extraction and use of non-renewable resources such as minerals and fossil fuels in ways that minimize depletion and cause no serious environmental damage.
6. Prevent harm as the best method of environmental protection and, when knowledge is limited, apply a precautionary approach.
a. Take action to avoid the possibility of serious or irreversible environmental harm even when scientific knowledge is incomplete or inconclusive.
b. Place the burden of proof on those who argue that a proposed activity will not cause significant harm, and make the responsible parties liable for environmental harm.
c. Ensure that decision making addresses the cumulative, long-term, indirect, long distance, and global consequences of human activities.
d. Prevent pollution of any part of the environment and allow no build-up of radioactive, toxic, or other hazardous substances.
e. Avoid military activities damaging to the environment.
7. Adopt patterns of production, consumption, and reproduction that safeguard Earth's regenerative capacities, human rights, and community well-being.
a. Reduce, reuse, and recycle the materials used in production and consumption systems, and ensure that residual waste can be assimilated by ecological systems.
b. Act with restraint and efficiency when using energy, and rely increasingly on renewable energy sources such as solar and wind.
c. Promote the development, adoption, and equitable transfer of environmentally sound technologies.
d. Internalize the full environmental and social costs of goods and services in the selling price, and enable consumers to identify products that meet the highest social and environmental standards.
e. Ensure universal access to health care that fosters reproductive health and responsible reproduction.
f. Adopt lifestyles that emphasize the quality of life and material sufficiency in a finite world.
8. Advance the study of ecological sustainability and promote the open exchange and wide application of the knowledge acquired.
a. Support international scientific and technical cooperation on sustainability, with special attention to the needs of developing nations.
b. Recognize and preserve the traditional knowledge and spiritual wisdom in all cultures that contribute to environmental protection and human well-being.
c. Ensure that information of vital importance to human health and environmental protection, including genetic information, remains available in the public domain.

III. SOCIAL AND ECONOMIC JUSTICE

9. Eradicate poverty as an ethical, social, and environmental imperative.
a. Guarantee the right to potable water, clean air, food security, uncontaminated soil, shelter, and safe sanitation, allocating the national and international resources required.
b. Empower every human being with the education and resources to secure a sustainable livelihood, and provide social security and safety nets for those who are unable to support themselves.
c. Recognize the ignored, protect the vulnerable, serve those who suffer, and enable them to develop their capacities and to pursue their aspirations.
10. Ensure that economic activities and institutions at all levels promote human development in an equitable and sustainable manner.
a. Promote the equitable distribution of wealth within nations and among nations.
b. Enhance the intellectual, financial, technical, and social resources of developing nations, and relieve them of onerous international debt.
c. Ensure that all trade supports sustainable resource use, environmental protection, and progressive labor standards.
d. Require multinational corporations and international financial organizations to act transparently in the public good, and hold them accountable for the consequences of their activities.
11. Affirm gender equality and equity as prerequisites to sustainable development and ensure universal access to education, health care, and economic opportunity.
a. Secure the human rights of women and girls and end all violence against them.
b. Promote the active participation of women in all aspects of economic, political, civil, social, and cultural life as full and equal partners, decision makers, leaders, and beneficiaries.
c. Strengthen families and ensure the safety and loving nurture of all family members.
12. Uphold the right of all, without discrimination, to a natural and social environment supportive of human dignity, bodily health, and spiritual well-being, with special attention to the rights of indigenous peoples and minorities.
a. Eliminate discrimination in all its forms, such as that based on race, color, sex, sexual orientation, religion, language, and national, ethnic or social origin.
b. Affirm the right of indigenous peoples to their spirituality, knowledge, lands and resources and to their related practice of sustainable livelihoods.
c. Honor and support the young people of our communities, enabling them to fulfill their essential role in creating sustainable societies.
d. Protect and restore outstanding places of cultural and spiritual significance.

IV. DEMOCRACY, NONVIOLENCE, AND PEACE

13. Strengthen democratic institutions at all levels, and provide transparency and accountability in governance, inclusive participation in decision making, and access to justice.
a. Uphold the right of everyone to receive clear and timely information on environmental matters and all development plans and activities which are likely to affect them or in which they have an interest.
b. Support local, regional and global civil society, and promote the meaningful participation of all interested individuals and organizations in decision making.
c. Protect the rights to freedom of opinion, expression, peaceful assembly, association, and dissent.
d. Institute effective and efficient access to administrative and independent judicial procedures, including remedies and redress for environmental harm and the threat of such harm.
e. Eliminate corruption in all public and private institutions.
f. Strengthen local communities, enabling them to care for their environments, and assign environmental responsibilities to the levels of government where they can be carried out most effectively.
14. Integrate into formal education and life-long learning the knowledge, values, and skills needed for a sustainable way of life.
a. Provide all, especially children and youth, with educational opportunities that empower them to contribute actively to sustainable development.
b. Promote the contribution of the arts and humanities as well as the sciences in sustainability education.
c. Enhance the role of the mass media in raising awareness of ecological and social challenges.
d. Recognize the importance of moral and spiritual education for sustainable living.
15. Treat all living beings with respect and consideration.
a. Prevent cruelty to animals kept in human societies and protect them from suffering.
b. Protect wild animals from methods of hunting, trapping, and fishing that cause extreme, prolonged, or avoidable suffering.
c. Avoid or eliminate to the full extent possible the taking or destruction of non-targeted species.
16. Promote a culture of tolerance, nonviolence, and peace.
a. Encourage and support mutual understanding, solidarity, and cooperation among all peoples and within and among nations.
b. Implement comprehensive strategies to prevent violent conflict and use collaborative problem solving to manage and resolve environmental conflicts and other disputes.
c. Demilitarize national security systems to the level of a non-provocative defense posture, and convert military resources to peaceful purposes, including ecological restoration.
d. Eliminate nuclear, biological, and toxic weapons and other weapons of mass destruction.
e. Ensure that the use of orbital and outer space supports environmental protection and peace.
f. Recognize that peace is the wholeness created by right relationships with oneself, other persons, other cultures, other life, Earth, and the larger whole of which all are a part.

THE WAY FORWARD

As never before in history, common destiny beckons us to seek a new beginning. Such renewal is the promise of these Earth Charter principles. To fulfill this promise, we must commit ourselves to adopt and promote the values and objectives of the Charter.

This requires a change of mind and heart. It requires a new sense of global interdependence and universal responsibility. We must imaginatively develop and apply the vision of a sustainable way of life locally, nationally, regionally, and globally. Our cultural diversity is a precious heritage and different cultures will find their own distinctive ways to realize the vision. We must deepen and expand the global dialogue that generated the Earth Charter, for we have much to learn from the ongoing collaborative search for truth and wisdom.

Life often involves tensions between important values. This can mean difficult choices. However, we must find ways to harmonize diversity with unity, the exercise of freedom with the common good, short-term objectives with long-term goals. Every individual, family, organization, and community has a vital role to play. The arts, sciences, religions, educational institutions, media, businesses, nongovernmental organizations, and governments are all called to offer creative leadership. The partnership of government, civil society, and business is essential for effective governance.

In order to build a sustainable global community, the nations of the world must renew their commitment to the United Nations, fulfill their obligations under existing international agreements, and support the implementation of Earth Charter principles with an international legally binding instrument on environment and development.

Let ours be a time remembered for the awakening of a new reverence for life, the firm resolve to achieve sustainability, the quickening of the struggle for justice and peace, and the joyful celebration of life.


1992年リオ デ ジャネイロでの地球サミット以後殊に注目され、インターネット時代の幕開けと同時に、草案1 1997 京都議定書と同年から公開、草案 2、2000年6月オランダのハーグで最終文書も確認、その後様々な機関、人々によって賛同、推進されている、環境の憲章です。私たちも、この本文の普及を母国語でと推進、環境教育に資すればと活動しています。

page top           地 球 憲 章             地球憲章に賛同署名
日本語本文.pdf     各国語版本文ダウンロード

前文

私たち人類は今、自分たちの未来を選択しなければならないという、地球の歴史上決定的な転換点にさしかかっている。世界がますます相互依存を強め、他からの影響を受けやすくなるにつれて、未来には大きな危機と同時に、大いなる希望が存在している。私たちが未来に向かって前進するためには、自分たちが、素晴らしい多様性に満ちた文化や生物種と共存する、ひとつの人類家族であり、地球共同体の一員であるということを認識しなければならない。自然への愛、人権、経済的公正、平和の文化の上に築かれる持続可能な地球社会を生み出すことに、私たちはこぞって参加しなければならない。そのためには、地球上で生をいとなむ人間として、私達は互いに、より大きな生命の共同体に、そして未来世代に対して、責任を負うことを明らかにすることが必要不可欠である。
私たちのすみか、地球

人類は広大な、進化しつつある宇宙の一部である。私たちのすみかである地球には、たぐいまれな生命共同体が共生している。自然の偉力は、生き抜くことを困難で予想し難いものにしているが、同時に、地球は生命の進化に必要不可欠な環境条件をもたらしてくれている。生命共同体の活力と人類の幸福は、実に様々な動植物、肥沃な土壌、清浄な水、そして澄んだ空気など、すべての生態系を含む健全な生物圏を維持することにかかっている。限られた資源しかない地球の環境は、全人類にとって共通の関心事である。地球の生命力、多様性、その美しさを保護することは、人類に課された神聖な義務でもある。

地球の状況
これまで行ってきた生産と消費の仕方は、環境の荒廃、資源枯渇、種の大量の絶滅を引き起こしている。地球共同体が損なわれている。開発の恩恵は平等には分配されていず、貧富の差が広がりつつある。不正、貧困、無知、そして暴力を伴う争いが広がり、人々に大きな苦しみを与えている。更に、かつてない人口増加は、生態系と社会システムへの重荷となってきている。地球の安全が根底から脅かされつつある。これらは危険な兆候である。しかし、避けられないことではない。

私たちが直面している課題
地球規模のパートナーシップを形成して地球と人間を大切にする生存への道をとるのか、それとも、人類や生命の多様性の破壊に加担する道をとるのか、選択するのは私たち自身である。私たちの価値観、社会の仕組み、そして生活様式を抜本的に変えることが迫られている。私たちは、基本的ニーズが満たされている生活の中にあって、人類の発展とは、私たちが人間的により成長することであり、必要以上に物を所有することではないことをはっきり理解すべきである。私たちは、すべての人々に必要な物をもたらし、しかも環境負荷を減らすことができる知識と技術を持っている。地球市民社会の出現で、民主的で人道的な世界が築かれる新たな機会がもたらされている。私たちの環境面、経済面、政治面、社会面、そして精神面の課題は互いに関連しあっており、私たちは共に包括的な解決を生み出すことができる。

地球的視野に立った責任感
こうした希望を実現するために、私たちは地域共同体だけでなく、地球共同体全体の中の一員であることを考え、共通の責任感を持って生きる決意をしなければならない。私たちは、それぞれの国の市民であると同時に、地域と地球がつながっている「ひとつの世界」の市民でもある。すべての人が、人類家族と生き物全
体の現在と未来の幸福に、責任を分かち合っている。存在の神秘に対する畏敬の念、授かった生命への感謝の気持ち、そして、森羅万象の中で、人類はいかに小さな存在であるかという謙虚な気持ちを抱いたときに、人類は強く団結し、すべての生命との一体感も強まる。

私たちは、いま生まれつつある地球共同体のために、倫理的基盤となる共有の価値観を、早急につくらなければならない。それゆえに、持続可能な生活のための、互いに関連し合う以下の諸原則が、すべての個人、団体、企業、政府、国際機関の行動を導き判断する規範となることを、希望を込めて、私たちは確認する。


本文

I. 生命共同体への敬意と配慮


1.地球と多様性に富んだすべての生命を尊重しよう。
a. 生きとし生けるものは互いに依存し、人間にとっての利用価値とは無関係に、それぞれが価値ある存在であることを認めよう。
b. すべての人が生まれながらに持っている尊厳と、人類の知的、芸術的、倫理的、精神的な潜在能力への信頼を確認しよう。
2.理解と思いやり、愛情の念をもって、生命共同体を大切にしよう。
a. 自然資源を所有、管理、利用する権利には、環境への害を防ぎ、人々の権利を守る義務が伴うことを受け入れよう。
b. 自由、知識、権力は、その大きさが増せば増すほど公益推進への大きな責任が伴うことを確認しよう。
3.公正で、直接参加ができ、かつ持続可能で平和な民主社会を築こう。
a. すべての地域社会において、人権と基本的自由を保障し、男女を問わずすべての人に、可能性を充分に活かせる機会を与えよう。
b. すべての人が環境に配慮した形で、安全で有意義な暮らしができるよう、社会的、経済的公正さを推進しよう。
4.地球の豊かさと美しさを、現在と未来の世代のために確保しよう。
a. それぞれの時代に享受できる行動の自由は、未来世代のニーズによって規制されることを認識しよう。
b. 次の世代に、人間を含む地球上の、生きとし生けるものの長期にわたる繁栄を支える価値、伝統、しきたりを伝えていこう。

以上、4つの大きな決意を実行に移すために、以下の諸原則が必要です。


Ⅱ. 生態系の保全


5.生物の多様性と、生命を持続させる自然のプロセスに対して、特別な配慮を払いつつ、地球生態系全体を保護し回復させよう。
a. すべての開発構想に環境の保全と回復が組み込まれるように あらゆる持続可能な開発計画と規制を受け入れよう。
b. 地球の生命維持システムを守り、地球の生物多様性を維持し、自然遺産を保護するために、野生地や海洋を含む、自然と生物の生存可能な保全地域を指定し、これを守ろう。
c. 絶滅の危機に瀕した生物種と生態系の再生を促進しよう。
d. 外来種や遺伝子組替え品種の中で、原産種と環境に害を及ぼすものは、規制または根絶し、そうした有害種の移入を阻止しよう。
e. 水、土壌、林産物、水産物のような再生可能な資源の使用を、生態系の再生速度を上回らず、生態系のバランスを維持するような方法で、管理しよう。
f. 鉱物や化石燃料のような再生不可能な資源の採取や使用については、その資源の枯渇を最小限にとどめ、深刻な環境破壊を引き起こさないような方法で管理しよう。
6.生態系保護の最善策として、環境への害を未然に防ぎ、充分な知識がない場合には予防原則をとろう。
a. 環境にとって重大な、あるいは取り返しのつかない害を及ぼす可能性がある場合には、たとえ科学的知見が不充分、あるいは不確実であっても、それを避けるための行動を起こそう。
b. 環境に重大な害を及ぼさないとして提案された活動には、その提案者に証明責任を課し、環境被害に対する責任を負わせよう。
c. 意思決定に際しては、人間の活動の累積的、長期的、間接的、長距離的、地球規模的結果を考慮することを明確にしよう。
d. 環境への汚染はすべて防止し、放射能や有毒、危険物質の蓄積を阻止しよう。
e. 環境に害を与える軍事行動は回避しよう。
7.生産、消費、再生産については、地球の再生能力を傷つけず、人権や公共の福祉を保護するような方法を採用しよう。
a. 生産、消費のシステムにおいて、リデュース、リユース、リサイクルを原則とし、残った廃棄物は生態系に影響がない方向で処理する方法をとろう。
b. エネルギーの使用については、節約と効率化とともに、太陽光や風力のような再生エネルギー資源への依存を高めよう。
c. 環境にやさしい技術の開発、採用、公正な移転を推進しよう。
d. 環境と社会コストを、物やサービスの値段に組み入れ、消費者が、環境面、社会面で最も高い水準に達している商品を選べるように工夫しよう。
e. 安全な出産や責任のもてる家族計画を促す保健サービスを、誰もが利用できるようにしよう。
f. 限りある地球上で、質の高い生活と物質的に「足るを知る」ライフスタイルを採ろう。
8.生態系の持続可能性に関する研究を進め、既存の知識を自由に交換し、幅広く応用しよう。
a. 持続可能性に向けての科学面、技術面での国際協力を支持し、特に発展途上国のニーズに配慮しよう。
b. すべての文化が持つ伝統的知識と精神的知恵の中で、環境保護と人々の福祉に貢献するものを認め、守っていこう。
c. 人間の健康と環境保全にとって非常に大切な情報は、遺伝子情報を含め、誰にも独占されず開かれていることを確保しよう。

Ⅲ. 公正な社会と経済


9.倫理的、社会的、環境的要請として、貧困の根絶に取り組もう。
a. 飲料水、きれいな空気、食料の安全性、汚染されていない土壌、住居、安全な公衆衛生への権利を保証し、そのために必要な資源を、国内及び国境を超えて分配しよう。
b. すべての人が持続可能な生活を送ることができるように、教育や手段を与えよう。自らを支えることができない人のためには、社会保障やセーフティネットを用意しよう。
c. 目を向けられずにいる人々に気を配り、傷つきやすい人々を保護し、苦しむ人々に奉仕し、彼らが自らの能力を伸ばし、希望を追求できるようにしよう。
10.経済活動やそのしくみは、あらゆるレベルで公平かつ持続可能な形で人間開発を促進するものとしよう。
a. 国の内外を問わず、富の公平な分配を促進しよう。
b. 発展途上国の知的、資金的、技術的、社会的資源を増進させ、重い対外債務から救済しよう。
c. すべての貿易は、持続可能な資源の利用、環境保全、先進的な労働基準にかなうものであることを確認しよう。
d. 多国籍企業や国際金融機関は、公共の利益のために透明性をもって行動し、自らの活動がもたらす結果に対して責任を負うものとしよう。
11.男女間の平等と公平は、持続可能な開発にとって必須なものであることを確認し、教育、健康管理、経済的機会を誰もが均等に享受できるようにしよう。
a. 女性や少女の人権を守り、彼女らに対する暴力を根絶しよう。
b. 女性たちが経済、政治、市民生活、社会活動、文化的生活のあらゆる面で出生などに基づくあらゆる差別をなくそう。
c. 先住民の精神性、知識、土地、資源に対する権利と、それらを活用した持続可能な生活を続ける権利を確認しよう。
d. 私たちの地域共同体に住む若者たちの能力を認め、支援し、持続可能な社会を創造していく上で彼らが重要な役割を果たせるようにしよう。
e. 文化的、精神的に大切な場所を、保護し、修復しよう。

Ⅳ. 民主主義、非暴力と平和


13.民主的な制度と手続きをあらゆるレベルにおいて強化し、行政に透明性と説明責任を課し、意思決定へのすべての人の参加を確保し、裁判を利用できるようにしよう。
a. すべての人が、自分たちに影響を及ぼす、または関心のある環境に関わる事柄や、すべての開発計画、開発活動について、明確、かつ、タイムリーな情報を受け取る権利を持てるようにしよう。
b. 地方や地域、そして国際の各レベルでの市民社会を支援し、意思決定にはすべての関係者や関係機関が意味ある形で参加できるよう推進しよう。
c. 言論、表現の自由、平和的集会の自由と結社の自由、異議を唱える自由への権利を保護しよう。
d. 環境への害やその脅威のための補償や救済等を含む、行政手続や独立した司法手続を効果的、効率的に利用できる仕組みをつくろう。
e. すべての公的機関や民間組織における汚職を根絶しよう。
f. 自分たちをとりまく環境を守れるよう地域社会を強化し、環境に対する責任は、最も効果的に果たすことのできる立場の行政レベルに割り当てよう。
14.すべての人が享受できる公教育や生涯学習の中に、持続可能な開発に必要な知識、価値観、技術をとり入れよう。
a. すべての人々、中でも子供や若者に、教育の機会を与え、彼らが持続可能な開発のために活発に貢献できるようにしよう。
b. 持続可能性に関する教育については、科学が果たす役割同様、芸術や人文科学の貢献を推進しよう。
c. 生態系や社会が直面している課題への意識を高める上で、マスメディアが果たす役割を強めよう。
d. 持続可能な生活にとって道徳教育や情操教育が重要であることを認識しよう。
15.すべての生き物を大切にし、思いやりを持って接しよう。
a. 人間社会で飼育されている動物への残虐な行為を防ぎ、苦しみから保護しよう。
b. 野生動物の狩猟、わな猟、漁獲に際しては、極度な苦痛と長引く不要な痛みを与えないようにしよう。
c. 標的以外の種の捕獲や採取をやめよう。
16.寛容、非暴力、平和の文化を促進しよう。
a. 国内及び国家間において、あらゆる民族同士の相互理解、団結、協力を奨励し、支援しよう。
b. 武力紛争を防ぐためには包括的な戦略を実施し、環境に関わる紛争や争いには、協調的な処理を行おう。
c. 国家の安全保障体制を非攻撃的な自衛レベルに縮小し、軍事予算を、生態系の修復のような平和的目的のために転用しよう。
d. 核兵器、生物兵器、化学兵器やその他の大量破壊兵器を排除しよう。
e. 人工衛星軌道や宇宙空間の利用は、環境保全と平和に資するものとしよう。
f. 平和とは、自分自身、他人、他の文化、他の生命、地球、そしてすべてがその一部を構成する、更に大きな全体との間の、適切な関係によって創られた総体であることを認識しよう。


今後の選択の道

私たちは歴史上はじめて、共通の運命によって新たな行動を始めることが求められている。こうした再出発こそ、地球憲章の原則に込められた誓いである。この誓いを実現するために、私たちは地球憲章の価値観と目的を受け入れ、推進していくことを決意しなければならない。

そのためには、意識と考え方を変えなければならない。地球規模の相互依存と人類共通の責任という新しい感覚が必要となる。私たちは想像力を使って、持続可能な生活様式のビジョンを、地方、国家、地域、地球レベルでつくり、実施しなければならない。私たちの文化の多様性は大切な遺産であり、それぞれの文化は独自の方法でそのビジョンを実行に移すことになるだろう。私たちは、地球憲章を誕生させたこの地球規模での対話を、さらに深め、広げなければならない。なぜなら、真実と知恵を共に探し続けることによって多くを学ぶのだから。

人生には重要な価値観をめぐる対立がよくあり、それは時として厳しい選択となり得る。しかし、多様性と統一性、自由な行動と公益、短期の目的と長期の目標を調和させる方法を探さなければならない。個人、家族、組織、共同体は、それぞれ大切な役割を持っている。芸術、科学、宗教、教育機関、メディア、企業、非政府組織(NGO)、政府などすべてが、それぞれに創造的なリーダーシップを発揮することが求められている。効果的な統治には、政府、市民社会、企業のパートナーシップが欠かせない。

持続可能な地球共同体を築くために、世界中の国々が、国際連合に貢献する決意を新たにし、既存の国際協定に基づく責務を果たし、環境と開発に関する国際法を用いて、地球憲章の諸原則の実行を支援しなければならない。

私たちの時代を、生命の新たな尊厳への目覚め、持続可能性を実現するための確たる決意、正義と平和を確立するための更なる努力、そして、喜びと祝福に満ちた生命と共に想起される時代にしようではないか。

日本語版 top     page top

A duprication with relivent references, which The Green House respects.